抜け毛治療は効果バツグンのお薬を!~注目のAGA治療メソッド~

男性

薄毛を治す皮膚科

抜け毛を喰いとめる

将来薄毛になるのに備えて飲んでおいたほうがいいのが、フィナステリドです。一般的には製品名であるプロペシアの方が有名です。AGAが原因の薄毛治療薬として皮膚科や頭髪専門クリニックなどで処方される薬なのですが、男性ホルモンのはたらきを抑える効果があります。今は薄毛や抜け毛を感じていなくても、将来薄毛になる可能性もあります。とくに身内に薄毛の人が近くにいれば、遺伝で薄毛になる可能性は高いです。将来に渡って髪を残しておくためにも皮膚科で薄毛治療を受けておくことです。では、いつまで薄毛治療を続けるかですが、自分の髪をさわってみて納得がいくまで、または結婚したら服用をやめる方も多いです。個人でどの程度がよしとするかは異なります。

専門医との違い

薄毛治療は皮膚科だけでなく頭髪専門医でも治療をすることができます。皮膚科と頭髪専門医との違いは何かとなると治療目的が異なります。皮膚科の場合は、抜け毛治療になります。これ以上抜け毛を増やさない、脱毛進行を遅らせることが治療目的にあります。頭髪専門医の場合は、発毛させることに治療目的があります。現状髪を増やす必要がなく、このままの状態を維持するのなら皮膚科です。頭髪専門医は髪を増やすことまで目的としますが、ネックとなるのは治療費です。皮膚科の場合、保険適用がされるため治療費は安く収まりますが頭髪専門医であると自由診療なので治療費は25000円から30000円程度はかかってしまいます。治療目的や治療法、料金にも違いがあります。